FC2ブログ
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2019-03-12 (Tue)
 ヘアカラーで、頭皮がかゆくなる 頭皮やおでこなどに発疹が出る

 それ、ヘアカラーに含まれているジアミンに反応した皮膚炎かも

 白髪はいや!でも、毛染めはあきらめたくない!・・・ですよね

 以前、毛染めで別人になるほど顔が腫れた経験がある私は自宅でセルフカラーしています。

 今回 ご紹介するのは、最高品質Aランク100% 天然白髪染め ヘナ物語です。

IMG_5747.jpg

 ヘナ物語 ナチュラルヘナ 100g   ¥ 864 です 

 このひと袋で、ボブくらいの長さなら2回分使えますから、一回当たりのお値段は、430円ほど。

 しかも、長~~く染まリ続けます

 ベルメゾンネット
* * *
 気になるお色は、ヘナそのものの色で オレンジブラウンです。

 オレンジブラウンのオレンジの部分に引っかかる方もいるかもしれませんが

 白髪が少なめで、黒髪の分量が多い方なら、思ったより使いやすい色だと思います。

 IMG_5749.jpg

 ちなみに

 通常のヘナカラーでは、インディゴ(藍)などを混ぜることでブラウンに仕上げてあります。

 これまでは明るくなりすぎるのが不安で、混色されたヘナを使っていたのですが、

  最高品質Aランクのヘナ100%で、色を補う混ぜものなしのヘナ物語の方が、通常よりももちがよい気がします。

 粉状なので、ちょっと苦手かもと敬遠されてきた方に、試してみてもらいたいなあー


cache_Messagep30084.JPG  
 混ぜものがないヘナ100%商品は、ヘアカラーによるアレルギーが気になる方にもオススメです

 
 ■ 粉状のヘナを上手に染めるポイントは、温度と濃度です。

 粉状のヘナを上手に染める一番のポイントは、温度と濃度です。

 あったかい状態で、ほどよい固さのヘナを丁寧にもみ込んでつけることで、染まりはずいぶんと良くなりますよ。

 では、順を追ってコツを載せますね

 まずは、準備を整えます。

 手袋やラップなど、必要なものをそろえ、かぶれ防止のためにコールドクリームを塗ります。

 クリームは、おでこから額にかけてだけでなく、耳の後ろを含めて耳全体、首筋など付けるといいですよ


 昔ながらのコールドクリームデス。お化粧お年に普段は使えます


 次に、お湯を用意します。

 指を付けたら熱い温度(4~60度)のお湯で溶きます。

 温度が低すぎるとうまく混ざらないし、塗りにくく染まりにくい気がします。

 ちょうどいいのはマヨネーズみたいな固さだそうですが、これもまた難しい表現なので動画にしました

 私は、このくらいの濃さでといています。(8秒の動画です)

粉状のヘナのちょうどよい溶き方はこんな感じです

 柔らかすぎると付ける時に髪にからぼたぼた落ちたり、 

 染めている待ち時間で徐々に垂れてきたりしますので参考にしてくださいね。

 使用するのは、塩素などが混じらない浄水がオススメです。

 水を計ってレンジなどでチンしお湯を入れた容器に粉を入れ、手袋をした手で、そのままモミモミすると、こんな風にきれいに溶けます

 後は、手袋をはめた手に付けて、髪を小分けにしながら直接塗りつけ、揉みこむように付けてゆくだけです。

 ちなみに

 ヘナが全くの初心者・・と言う方には、こちらをオススメします。

IMGP02426 (1).JPG 

 マックヘナのヘナ&トリートメント剤がセットになっているタイプです。

 ヘナ&トリートメント剤がセットになっているハイブリッドタイプなので、塗りやすい濃さにはじめから作られています。

 液もついているタイプは、一回使いきりですが、染めるまでの時間が短いし、

 ヘナってこんな感じで使う・・と言うのを体験されると、より上手に応用して行けますよ。

 こちら、塗りやすい硬さに調整済みだから 初心者さん向きです   

 染め方について詳しく、以前こちらに載せました ●マックヘナのハイブリッドでマロンブラウン試してみました

cache_Messagep30084.JPG

 その点、今回ご紹介した 粉状の商品は、ヘナに慣れた方向きです。

 とにかくお安く染められ、お徳感があります。

 IMG_5748.jpg

 ちなみに、ヘナ物語の場合は、染める時間は、90分です。

 私は、塗った後にラップを巻き、蒸しタオルを髪に巻いてから、アルミのキャップをかぶります

 タオルは時々あたたかいものと取替えながら、時間をつぶし、その後、洗い流し→シャンプー→ドライヤーで仕上げます。

 仕上がりがこちら

IMG_852-1.JPG

 もう少し髪に寄っていくと、こんな感じに染まっています。

BECFFFD9-627B-48D3-8193-046AB529B98D.JPG

 全体に白っぽくなっていた白髪部分(上写真)に、しっかりと色が入りました(下写真)

 ヘナの良い所は、ヘアカラートリートメントより長持ちすると言う部分です。

 ざっくりとこれで染め、その後で時々ヘアカラートリートメントもつかえば、

 気になる白髪を隠しながら、より落ち着いたカラーにも出来ますよ。 


 ■ヘナ物語とマックヘナを比較してみての感想です

 ヘナ物語は、とても塗りやすいし、染まりやすいです。

 ただ、染まるまでの目安の時間がマツクヘナが40分なのに対し、ヘナ物語は90分です。

 時間が長いので、染まりがよいのは当然かもしれません。

 休日に いろいろ用事をしながら、のんびり染まるのを待つのもいいのではないでしょぅか

 

 髪染めによるかぶれが気になると言う方に、他にもこんな記事を書きました。参考になると嬉しいです。

 ●マックヘナナチュラルブラウン試してみました
 ●マックヘナを上手に染めるコツ
 ●マックヘナのハイブリッドでマロンブラウン試してみました
 ●マックヘナとハイブリッドタイプの違いについて
 

 通常のマックヘナとハイブリッドの違いは、ハイブリッドだと液体も付いているということです。
案外いいくらいの濃さにするのって難しいから、水の分量もあらかじめ決まっているハイブリッドは、初心者さん向きです。

ベルメゾンネット

/>にゃんころもちのおすすめ
あきらめていた手のシミに、ルミナピール!プレゼントにぜひ!
●国産&手作りの風水開運サイフで人生を切り変える
●DHCの製品をいろいろお試ししたレビューへは、こちらから
●ベルメゾンのロングラン商品や話題の商品は こちら

関連記事
スポンサーサイト



| ヘアケア | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する